ALBA・Q&Q・CheapCasio ¥2,000〜¥3,000!チープウォッチ比較

セイコー・シチズン・カシオ、比べてみました。

先回のALBAでちょっと感動したので、
¥2,500〜¥3,000でよく似たタイプの セイコーALBA・シチズンQ&Q・CheapCasio を比べて見ようと思います。・・では早速。

comp01
左から、Q&Q(H30-001)、ALBA(ABPS137)、CheapCasio(MRW-200H-1BV)。
価格(購入価格)は、Q&Q-6,000円(2,370円)、ALBA-4,000円+税(3,013円)、CheapCasio-逆輸入のため不明(2.430円)。
2千円〜3千円の回転ベゼル付き3針のクオーツ時計です。
どれもケースや風防がプラスチックなのでそれなりの見栄えではあります。
クオーツムーブメントには詳しくありませんが、価格帯からどれも最底辺の国産ムーブメントだと推測します。経験上充分に正確に動くと思います。
一秒ごとにステップする秒針の動き方も数万円で売られている国産機種のものと比べ明らかに硬く安っぽく見えます。
また、針も薄板を型抜きしただけのチープな感じはありますが、ALBA・CheapCasioは白で塗色されているのでうまくごまかされているかな。

届いた姿はこのとおり。

comp02
ALBAは厚紙のケースに一応スポンジの枕に巻かれて入っています。Q&Qは吊し用の塩ビのケースに、CheapCasioはビニール袋にグチャグチャっと入っています。

主な仕様と特徴を表にしました。

n_compare
大きさは、CheapCasioが一番大きく重く、ALBA、Q&Qと続きます。Q&Qは一番小さいのですが、ラグからラグの全長が一番長いので見た目にはそれほどの小ささは感じません。
ALBAは電池式のクオーツで機能は最もシンプル
これに、Q&Qはソーラー充電機能が、CheapCasioはDAY/DATEカレンダーが付加価値として加わります。

回転ベゼルはALBA、Q&Qが共に逆回転防止60クリックで動作の節度・強度も良好です。
CheapCasioは両方向に回転しラッチはありません。ぬめっと適度な抵抗をもって回ります。少し物足りませんが、別にこれらの時計で本格的なダイビングをするわけではなく、ただ経過時間を計りたいという目的だけならCheapCasioの設定がむしろ便利でいいのかもしれません。
ALBA、Q&Qは粗めのコインエッジ、CheapCasioは歯数の少ない歯車状の彫刻です。僕はフラットでオーソドックスなALBAのベゼルを好ましく思います。
防水は全て100mmです。チョットした水没や、軽い水泳くらいには耐えるのかな?ま、豪雨の中でも安心でしょう。

側面はこんな感じ

comp03
厚さの違いが少しわかります。風防以外に最もプラスチック感を感じる部分ではないでしょうか?ALBA、Q&Qはケースの中央にはっきり成形の筋がありますが
CheapCasioにそれはなく比較的高品質な感じがあります。

腕につけるとこんな感じ

comp04
左からALBA、Q&Q、CheapCasio。
付属のバンドは、ALBAがナイロンのNATOタイプ。12時側が短すぎて大人の手に尾錠があらぬ位置に来て使うには辛抱がいります。
Q&QとCheapCasioはPVCかな?工業用ゴムの加工品。Q&Qは適度な長さを持ちますが、CheapCasioは12時側6時側ともびっくりするほど長すぎてよほど腕が太いか、服の袖の上に巻く以外は普通に使用するにはかなり恥ずかしい、かな。
大きさは、腕回り17cm強の僕が付けて、ALBAはちょうど良く、Q&Qは少し小ぶりに見え、CheapCasioは少し大きめ(普通のダイバーをつけた感じ)。

ダイヤルは、インデックスが数字で内側に小さな活字で24時間表示があるALBA、CheapCasioに対してQ&Qは楔状の大きめの略字です。好みの問題ですが、数字の方がアウトドアっぽい感じがしますね。ただ気になるのはCheapCasioの数字の書体です。メインの大きな12時間表示・ベゼルの15分間隔表示の数字とその他の小さな数字の書体がちがいます。数字自体の大きさの違いと相まって若干の違和感を覚えます。せめてベゼルだけでも書体と大きさをそろえればいいのに・・。

3機とも蓄光が施されています。

ALBAは時分針と1〜12時にドットのマーカー。
Q&Qは時分秒針とインデックスの略字。
CheapCasioは時分秒針とインデックスの数字。但しCheapCasioのインデックスの数字の蓄光はほとんど役に立ちません。
comp10
LED懐中電灯で蓄光した後の経過観察です。2分後にはQ&QとCheapCasioは蓄光を失います。ALBAは10分強継続します。
Q&QとCheapCasioは2分ですが、照明を落として数秒で明らかに光度が減少するのがわかります。ま、たった数分のことですが、実用性ではALBAかな。

だいたい違いが分かったところで少し装ってみよう!

どれもそれなりにカッコよく、気楽に遊びに使うならこれで充分!ということが分かったので、ベルトを変えて少し装ってみます。
ALBAとCheapCasioは程よい遊び心を持つ感じなので、ステッチの効いたOFFに最適の革バンドに。Q&Qは時計の形もベゼルの色や一見した時の印象もおとなしいので上品でシックなクロコ押しの革バンドにしてみました。
問題はCheapCasioのバンド幅。ラグの幅は18mmで43mmあるケース幅に対して細すぎて見た目にアンバランスです。
comp05
そこで、22mm幅のバンドの付け根をカッターで細工して18mmにして装着。これで見た目のバランスが改善しました。
comp06

ちなみに、ALBA、Q&Qはケースとバンドを装着するバネ棒の中心の隙間が十分にありますが、CheapCasioは構造上非常に狭くなっています。たぶんこの価格帯の時計だからか標準のバンド以外のものに付け替えることは考慮していないのだろうと思います。
従って、厚めのNATOタイプや他の外品バンドへの付け替えの選択肢は非常に小さいです。
comp07

さて、全部変えたところ

comp08
見栄えが変わったでしょう? 素材の安っぽさも和らいで、より使える時計になったと思います。子供使いの印象が大人でも使える印象に近づいたと思いませんか?
ま、全て時計本体より高いバンドで、本末転倒ではありますが、これだけ変われば楽しく嬉しく思います。
(自分の周りは老眼ばかりなので、どうせ細かいところは皆見えません。「どや!実は安い時計やねん。」と自慢したくなります)

HRwb

最後に、各特徴を簡単に。

ALBA(ABPS137)は引き締まったデザインと24時間表示のインデックスの赤の差し色が魅力的。自分的には一番カッコよく好きな時計。

Q&Q(H30-001)は少し小ぶりなオーソドックスなスタイルとデザイン的なまとまりが素敵。ソーラーで電池交換不要。文字盤に貼られたソーラーセルも上品なアクセントになっています。この中では一番オールマイティに近い時計だと思う。
また、特筆したいのは風防の美しさ。皆アクリルの風防だけれど、他に比べ密度が違うのか透過率がよく拡散反射率が少ないように見え、クリア感が際立っている。歪みも少ない。ベベルカットのエッジもあって、ミネラルクリスタルにも引けを取らない美しさ。定価が一番高いだけのことはあると思う。

comp09
中央がQ&Q、他の2機と比べ風防がダントツにキレイ!

CheapCasio(MRW-200H-1BV)は他に比べ無骨でタフな見栄えがいい。若い人にはこれかな。唯一DAY/DATEカレンダーもついて付加価値は高いと思う。

さてさて、皆さんはどれにしますか?「どれもいらん」って人の方が多いかもしれませんが、
僕は好きやなぁ、こういうの。

動画もね!

P.S.
先週 ALBA を買って思ったこと

安いからと言って子供のための腕時計を論ずるつもりはありません。
あくまで、大人として、社会人としてアプローチしてみたいと思います。今までに書いたことの繰り返しになるかもしれませんが。
僕は社会人として、常々手元と足元は大切だと思っています。どんなに上品でいいスーツを着ても靴が奇をてらったものなら台無しに感じます。
手元も袖口から覗く腕時計がハデハデだったり押し出しが強すぎたりすると人格さえ疑われると思うからです。某放送局の夜の人気報道番組のフレッシュで爽やかで好感が持てたキャスターが、いつのまにかちょっと売れた芸人も驚くようなデカハデ腕時計を巻いているのを見ると、「おお、頑張ってエエのん買おてんな。えらいえらい」とは思わず、「あほちゃうか」「こいつ、ちょっとおかしなったんちゃうか」という人格的評価に変わってしまします。どんなものを身につけようが本人の勝手と言えば勝手なのですが、手元は大切だと思うのです。

社会人としてはビジネスのどんなシーンにでも対応できる品があってきれいで、見た目自己主張の大きすぎない靴と時計は必ず持っていなければならない必須アイテムだと思います。
そういう条件のなかでも、自分が持っていて、人に見られて、恥ずかしくなく、自信を持って楽しめて、気分を高揚してくれる靴や腕時計を、背伸びせず自分の甲斐性の中で選んで身につけることが、自身の品格を磨くコツだと思っています。

自分が自分のビジネスと背丈に合った恥ずかしくない時計を持つことは必須です。

その上で、趣味や遊びでビジネスシーンから解放された自分を楽しみたい時、そのOFFの気分を高揚してくれるアイテムも必要です。
今回チープウォッチを取り上げていますが、これらの腕時計は腕時計として素材にしてもムーブメントにしても組み上げ精度にしても、どれをとっても底辺のレベルのもので、決して前述したような”まともな腕時計”に太刀打ち出来るようなではありません。(でも、決してオモチャでもありません。時計として立派に役目を果たしてくれます。)
だから、これらをビジネスにも常用する時計として扱ってはいけません。(但し、ファッション性重視や現場仕事の多いビジネスに就かれている方は別ですが。)あくまで自分を楽しませてくれるアイテムとして扱うべきだと思います。

ビジネスを離れて、たまに海へ山へのレジャーや旅行と言ったアウトドアを楽しむ時、それなりのラフな格好に着替え、家族・気の合った仲間と出かける時、安くて気楽で使えるチープウォッチは、持っていて損のないアイテムだと思うようになりました。
ダイビングでもフィールドでも、それなりの雰囲気を持った充分以上に”使える”ものがたくさんあります。
普通のサラリーマン、ビジネスマンがOFFを楽しむ時、決して高級なものは必要ではありません。高級なものはそういう職業のプロか、OFFでもステータスが気になる人がつければいいのです。
とにかく楽しめばエエ!安くて気楽に買えるチープウォッチ、おもしろいやん。
余った予算でバンドを変えたりして雰囲気を変えればなおさら楽しめるしね!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中