外品のメタルベルト、購入する時は気をつけて!

「安物買いの銭失い」にならないように注意しよう!

夏になるとメタルのベルトに交換したくなるというようなことを何回か前に書いていますが、純正のメタルベルトが買えない場合や、雰囲気の違うものがほしい場合など、どうしても外品のベルトしか選択肢がなくなります。
店頭で確かめて買えればいいのですが、その場合でもなかなか細かなチェックはできません。ネット通販などで買う場合は掲載されている写真しか判断材料はありません。
とても危険な買い物ですね。
そこで僕の経験から購入時の注意点をまとめました。

top
外品例:右3本は主な購入失敗例。特に右下2本は”使えない”明かな不良品

購入時の注意点

● コマ繋ぎの方式(割ピン・Cリング・板バネ・スクリューなど)を確認し、サイズ調整が可能な手段をあらかじめ確保しておく!
(道具を揃えて自分でやる。友達にたのむ。時計屋に頼む。など)
● 安物には手を出さない!
(少なくとも3千円以上、できれば5千円以上のものを選びましょう)
● 分厚いタイプは避ける!
(分厚いものを選ぶ場合は必ず5千円以上のもの、出来れば10千円前後またはそれ以上のものを選びましょう)
● 価格は時間の許す限りよく比較する!
(5千円の売価がついていても、どう見ても同じ商品が千円、2千円で売っていることがあります。そういう品は避ける)
● 工具・バネ棒以外のおまけつき商品には要注意!
(よく、革ベルト付きなどで販売しているものがありますが、商品もおまけも使えないケースがある)
● シャークメッシュと言われる商品はサイズ調整の方法をよく確かめて!
(チェーンを切断しないと調整できないものを買ってしまうと素人は大変です)
● 汎用品の弓カン付きのもの(ベルトの端っこが時計にフィットするよう円弧になっているもの)は避け、直カン式のものを選ぶ!
(時計の型式専用と謳われているものは別です。汎用のものはラジオペンチなどの工具で結構煩わしい作業が必要な場合が多く、よほど運が良くなければピッタリ着けることは出来ないと思った方がいいです。カン(エンドピース)が真っ直ぐな直カンのものはその心配がありません)
● 直カン式のものでも、写真を良く見てエンドピースが大きく太いものは避ける!
(自分の時計のベルト装着部分、ボディとバネ棒の隙間にはまるかどうかや、装着できてもエンドピースが時計に干渉し傷つける場合があるとエンドピースを削る加工が必要な場合もあります)

★ できれば純正品を手に入れる!

以上が鉄則です。

購入後の注意点

● タグなどあれば外す前に、商品の各部を充分にチェックする。ブレスの曲りかたがスムースか、クラスプのソリッド感は十分か、留め具のロックは確実に効くか。など。
● バネ棒が附属しているもの、これはありがたいのですが、バネ棒の強度をよく確かめてから装着する。(僕は、不良品のバネ棒の先が折れて時計を落としたことがあります)
● サイズ調整で余ったコマやピンの部品は必ず大切に取っておく。
● バネ棒はずしの工具は少なくとも千円以上のものを買っておく。(バネ棒はずしの工具は、品質が悪いと、やり直しの数が増え、時計を傷つけることが多くなります。また、作業中バネ棒自体がピョンとはねて紛失することも多くあります。少し高価でもよい工具はそれらの可能性を少なくしてくれます)
● ブレスの繋ぎのピン抜きは百均の工具でも十分ですが、ネジ式のしっかりした専用工具があればベターです。(ベルトを傷つける可能性が圧倒的に減ります)

一番重要な点。安物はだめ! なぜ?

写真だけを見ると、どれもとても立派に見えます。でも、安い物に多いのは、コマの動きが渋くて腕にフィットしない。角の面取りが不十分で痛い。いかにも安っぽい音がする。など問題の多い物がほとんどです。
特にバックル、留め具やアームの工作が悪く、ほとんどのものは耐久性に問題がある、もしくはすぐこわれる。と僕は思っています。

まったく使えなかった例を上げます。

「トンチャーメー シャークメッシュブレス ベルト ステンレス シルバー バックル式」
アマゾンで今年2月、2,999円で購入。革ベルト・バネ棒・バネ棒はずしなど盛りだくさんのおまけ付き。現在2,180円になっています。(安くなってる?これ自体おかしいよね)
千円・2千円のメタルベルトを買ってさんざん失敗したのに、これでとどめをさされた感じです。(3千円クラスならましやろ、と思ったのですが)
● バックルの留め具がキチンとロック出来ません。これだけで致命的です。
● おまけの革ベルトは、それはそれは恐ろしいほどチープです。ベルト自体がチープなだけでなく、バックルの針の付け根の遊びが大きく、留めても抜け落ちます。こんなもの見たことがありません。全く使えない代物です。いったいこのおまけにどんな意味があるの?って深く考え込んでしまいます。

商品到着後、シャークメッシュの長さ調整にばかり時間と気をとられて、ロックの不良に気づいたのはチェーンを切った後。そうです、後の祭り。
商品代金と、長さ調整に費やした時間をまるまる損しました。

もともと、バックル金具の工作が悪いのに加え、ベルトの厚みに対しバックル金具自体がフィットしていない。ということです。
図のようにバックルは A, B 二つのアームが支点で折りたたまれロック穴の付いたケースに収まります。
clasp01
空の状態や薄いベルト装着の場合での動作はソリッド感はないものの問題はないのですが、分厚いベルトを装着すると(下図下段)、アームの設計に問題があるのか、折りたたんだ状態でアームとベルト、反対側ケース上端とベルトが干渉しロックピンがロック穴にきちんと収まりません。人差し指と親指でケースをつまんでエイっと力を入れるとアームが若干しなって、やっとロックされます。しかも、ロックピンとロック穴の位置設定が甘いのか少しずらし加減に押すというコツが必要です。
clasp02
これは使えません。
ロック機構やアームの工作の不良は今までも経験した安物によくある症状です。
しかし、この製品の致命傷は、バックルの深さ4mm(実測)に対し、ベルトの厚みが最大4.3mmあることです。薄いベルトなら、不良でも許容できる遊びがこの商品にはありません。
なんとかベルトがバックルに収まっても、閉じた時にどこかで必ず干渉が起き、しっかりロックすることはできません。
ちなみに、商品の説明ではベルトの厚みは4mmと記されています。

clasp_photo
上っ面はとても立派です。

値段で判断するのは本当は正確性を欠くのかもしれませんが、
5千円で買った別物(冒頭写真の右上)も使用実質半年でロックが甘くなってきています。
同じような使用方法でも、専用品(純正ではない)と謳われている9千円前後の品(複数)は問題なく使えています。
使えない物と、使える物の境界は、10千円前後かな・・。ま、ある程度のガイドラインになるのではないかと思います。
実売価格40〜60千円のミドルクラスの時計でも、純正のメタルベルトを買おうと思ったら15千円前後というのが普通ですから、10千円前後の出費はしかたないかなと思います。

P.S. 使えない商品の流通を許す、そんな国になってはいけません。

ネットには、このような安価をうたい文句に使えない商品が出回っています。こういう品を買って、安いんだから使えなくてもしかたがない。と諦めたり、自分で調整してなんとか使おう。とか、こういう風潮は日本の将来のためにも、おかしいと僕は思うのです。売る限りは値段はいくらであれ、使える物でなくては。
こんな状態で買い物をする若者がもの創りに携わった時に、本当にいい品を作ることができるのだろうかと。 使えるものを心を込めて作るという日本人として当たりまえの神経がマヒしてしまうのではないかと、心配になります。
インターネットは国の境界をはらい、インターナショナルであることはとてもいいことだと思うのですが、いい加減な他国の商習慣・生活習慣も同時に入ってきてしまいます。
これらに馴染んでしまうことが心配なのです。
日本にどこかの国のような神経をもつ人が多くなったら、日本は日本でなくなるのだから。

夏に向けてメタルベルトのメンテナンス

買ったものの失敗だと思っていた艶無しメッシュベルトを磨いてみたら・・?

夏はやっぱり汗を気にしなくていいメタルのベルトがええね。
水に接する機会も増えるし、特に革ベルトはちょっとしんどい場面が増えるしね。
普段使っている時計はみんなメタルのベルトも用意しているんだけど、昨年末に手に入れたセイコーSARG017だけは例外で、標準が革ベルトだったのだけど、兄弟モデルでメタルベルト仕様があるので後でメタルだけ買えばいいか・・。と思っていたら、これが手に入らなくて。専用品のメタルベルト単体では販売していないみたい。
そこで、以前買ったものの色つやがなんとなくいやで使っていなかった少し厚めのメッシュベルトを改良して、こいつに着けよう!と思い立って、色つやを改善することに。

メッシュベルトの艶無しってどんな感じなん?

昨年夏にアマゾン(Geckota)で買った厚めのメッシュベルト、艶ありと艶なしを選ぶことが出来るのだけど、艶ありの薄いメッシュベルトは持っているので感じはわかるけど、艶無しってどんな感じやろ?ちょっとワイルド感出るかもしらん。と思って艶無しを選択。で、到着した商品を見ると、バックルやエンドピース部分はヘアライン処理、メッシュ部分はというと、艶ありのメッシュを薬剤か何かで無理矢理くすませた感じ。想像していた艶無しの鉄線を編んだ感じではない。オイオイこれはちがうやろう・・。しばらく使ってみたものの違和感があって使用中止、そのまま放置してしまうことに。(モッタイナ)
そう、もったいないから今回この「くすみ」をちょっとでも取って、今よりましにすることが目標です。
メッシュの中までは処理できないけど、表面だけでも処理できれば全面艶ありよりいい感じになるんとちゃうかな?

m_tools

使う道具はこちら。
左から、時計屋さんがよく使っている研磨剤「キクモール」、KOYOのステンレスみがきクロス、3Mの研磨フィルム(ピンク#4000、水色#2000)、リューター(ゴム砥石とメッシュに少しでも食い込むようにフランネルのパフ)。

で、作業手順。
ベルトエンドピースの平らなところはゴム砥石でざっと磨いて深いヘアラインをできるだけ平坦に。
フランネルのパフにキクモールをつけて、メッシュ部分を丁寧に磨いて、
研磨フィルムでエンドピースとメッシュ部分の表面を光沢が見えるまでひたすら磨いて、
最後にみがきクロスで丁寧に磨いて・・・・この段階でメッシュ部分はカスで真っ黒です。
あとは歯ブラシと石鹸できれいに汚れを洗い流して、ティッシュで水気を取ってドライヤーで乾燥。

m_conpair

できあがり。(上が処理後)
くすみから来る乱反射がなくなったので全体的にコントラストがハッキリしました。
照明が悪いのでコントラストの暗い部分が強調されてしまっていますが・・。
写真ではわかりにくいのですが、ちょうどいい感じに表面だけキラキラ光るようになりました。
自分なりには大成功やん!(一時間以上しんどい思いした甲斐があったよ。よかったよかった)

m_after

ちょっとごついSARG017、夏支度の完成です。(但し、重い。139g)

メタルベルトの手入れには音波洗浄機がいいです。眼鏡用に持っていたシチズンの洗浄機で半年間使用したメタルベルトを洗うと、それはそれは驚くほど汚れが掻き出されます。まさにびっくりです。
洗浄時はズボラせず、必ず時計からベルトをはずして、ベルト単体で洗浄を。また、水気はしっかり乾燥させてね。

たまには磨こう、革ベルト。きっと印象が変わるよ!

大抵は家にあると思うモノを利用して革ベルトを新品みたいにきれいにしてみた。

手元・足元は大切ですって話を前にしたと思う。
時計自体を手垢まみれにせず、きれいに拭いておくのは当たり前だと思いうけど、革ベルトはどうですか?
手入れします?実際しない人が多いのではないかな。
せっかくきれいな時計をしていても、ベルトが古びてくすんでいたら台無しですよね。
着けている自分もときめきが無くなるとか、飽きるとゆうか・・。
そこで、家庭になら大抵はあると思う革靴の手入れ用品を使ってベルトを磨いてみました。
見違えるほどきれいになるよ。(写真ではわかりにくいのが残念ですが・・)

サンプルはこんなベルトです。茶色のカーフ型押し。セイコーの時計に標準で付いていたものです。

IMG_1041

この長い方を磨いてみます。使うモノは、左から普通の不織布、使い古しの歯ブラシ、革靴用のクリーム(色の付いていないもの)革靴用のブラシ(靴墨がついていないもの)です。

IMG_1043

まず、指でクリームを少量つけます。ほんと少量でOKです。

IMG_1046

クリームが革に染みこむまで(指の抵抗を感じるようになるまで)よくこすります。
その後、適当な大きさに切った不織布でひたすら磨きます。上下左右斜めに力を入れず軽く何度も何度も艶がでるまで磨きます。と、こんな感じ(左)。右は処理前の短い方。

IMG_1048

最後に仕上げ。靴用のブラシを、これも軽くなんどもかけていきます。細かい所と全体の最後の仕上げに歯ブラシをかけます。
艶が戻ったら仕上がりです。短いのと比較するとこんな感じです。

IMG_1051

表面のヒビはどうにもなりませんが、少しましになったような感じです。
所要時間は10分〜15分位(布とブラシの磨きに時間をかければかけるほどいいようですが)かな。

革ベルトは、時間と共に潤い・しなやかさ・艶を失っていきます。使っていなくても放置していると同じことです。新品のベルトでも、最初に、そして定期的に今のような処理をしてやると長持ちします。
今着けてる革ベルトが古びていたら、是非試してみて。たまには日頃の働きに「ご苦労さん」って感じで。きっと見違えるから。